デイケアで働く看護師の仕事

まず「デイケア」がどういうところか確認していこう。デイケアとは、「通所リハビリテーション」の事で、介護保険の元行われている。「高齢に伴う筋力の低下により歩行が困難になってしまった」や「脳血管などの疾病による後遺症で麻痺が残ってしまった人」など様々な理由からリハビリを目的として通ってくるのである。
デイケアでは、身体機能の回復や言語療法、食事、入浴サービスなどを受けられるようになっている。
このデイケアにおける看護師の役割は、リハビリや日常生活の介助、利用者家族との連絡の取り合い、血圧・体温・脈拍などの測定からどのようなリハビリ・療法が適切かを判断していくことである。利用者の容体急変といった際にも素早く対処する必要があるといえる。看護師は医師や介護士たちとも相談を重ねながら、安全にリハビリなどが行われるよう見守っていくのである。
先ほどから述べているように、デイケアという場はリハビリ、認知症などの緩和・回復、身体機能の維持もしくは向上が目的である。利用者みんなで体操して体を動かしてみたり、歌を歌ってみたり、会話を楽しむ中でリハビリを行っていくのである。自宅での介護というのは、利用者本人としても不便なことがあったり、家族も24時間気を抜けないことだろう。デイケアをうまく利用することで、家族は安心して預けることが出来るのである。リハビリの中に楽しさも交えつつ、安全に、身体機能の回復・維持を促進していける点がデイケアである。看護師たちはその時間を支えていくのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です