看護師と准看護師

看護師さんの多くは、諸事情で准看護師として働くことになっても看護師を目指すべきだといいます。
給料が看護師の方が良いということもありますし、現場に出てしまえば正看護師も准看護師も同じくらいの忙しさだからといいます。
反対に、他の業種から転職する際に、試験などの問題から准看護師から始める人も少なくありません。
事務員をしていたとか営業や販売など、医療業務とかけ離れた仕事をしていた人が看護師の求人で働き先を見つけて医療現場で働こうとすると、やはり試験の難しさが壁になってしまうそうです。
他の職種からの医療現場への転職として准看護師を選ぶ人もいれば、正看護師を目指して勉強を続ける人もいるかと思います。
准看護師は出世ができないというわけでもないですので、その後の頑張りが問われるところのようです。
現場の先輩看護師さんたちも若い人には准看護師を進める場合も多いようですが、他の職種から転職するとなると准看護師を勧める人も多いようです。
また学生から看護師を目指すなら、大学を勧める人も多いようです。
授業料など気になるところですが、バイトもできますし奨学金を利用して何が何でも大学を選ぶというわけではないそうです。
専門学校と大学と明確な差がないのが看護師の世界だそうです。
大学も通信を選べば働きながら勉強もできます。
現場での働きが全てになるわけですし、現場に出たら学歴はまったく関係ない世界だそうです。
また都道府県知事の免許である准看護師は知事が変わって方針を変えると、准看護師制度が変わってしまう可能性もあるそうで、将来的に安定かというとそうではないそうです。
そういう意味でこれから看護師を目指す方は准看護師から入るよりも、はじめから看護師を選ぶ方がいいのではないかと言う人も多いようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です