看護師の仕事は石の上にも三年

看護師という仕事についてすぐに辞めてしまう人もいるそうです。
向いてないとか仕事が大変だったとかいろいろあるかと思いますが、自分に合わない仕事だなと感じても3年は頑張ってほしいといいます。
3年経つと悩んでいたことに答えが出たりするそうです。
新人のときは学校で習っていたことと現場との違いにとてもうろたえてしまうそうです。
そして新人のぶち当たる壁というのは、ほとんどの看護師さんが経験することだそうです。
だからこそ新人が悩んでいたら、どうして悩んでいるのかも判るし相談にも乗ってもらえるといいます。
看護師の仕事というのは、3年は経験してみないとその内容がわからないという人がいます。仕事の醍醐味というものでしょうか。
看護師の仕事は転職や求人を探すのに有利なのですが、やはり3年は現場を踏んでいた方が良いそうです。
看護師の求人サイトを利用して転職するにしても現場経験が少なすぎるとあまり歓迎されないようです。
もちろん経験を積むのにあまりにも劣悪な環境であれば転職すべきだと思います。
それでも看護師の求人サイトから転職したら3年は働くつもりで頑張ってほしいといいます。
3年経てば、新人の頃に悩んでいたことがすべて解決しているという人もいます。
また、採血が苦手とか現場での失敗が多すぎるとか、そういったことも3年経てば採血もうまくなっているし、現場での仕事もスムーズにできるようになっているそうです。
また初めの5年はがむしゃらでいいそうです。
新人のために上司や先輩がシフトを組んでくれて、ミスをカバーできる態勢になっているといいます。
看護師にはドジなタイプでもクソ真面目なタイプでもいい加減なタイプでも、どんなタイプでも向き不向きはないといいます。
悩んだりすることは多いかもしれませんが、それはみんなが通る道と考えて頑張ってほしいということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です