人生に入り込まない

看護師の仕事は医療行為とともに人の人生と向き合うことだと聞きました。
患者さんとその家族に対しても自分の受け持ちと思うようにと教えられていると言います。
それは仕事に慣れてきて数年経てば意味が判ってくるのだと言いますが、初めの頃はどうしてもやりすぎてしまうそうです。
看護師の仕事は石の上にも3年という人もいます。
一年目は業務に振り回されることも多く、落ち着いて考える暇も無いほど日々が過ぎていくそうです。
そういった辛さに耐えられず辞めてしまう人もいるそうですが、ここを我慢して欲しいという看護師さんもたくさんいます。
日々の業務に追われているうちに、いつの間にかスムーズに動いているそうです。
慣れというのはすごいもので、追われていた業務にきちんと対応しているというのですから凄いですね。
こういうことは続けていかないとわからないそうで、もちろん日々の仕事が減るということもないのですが、失敗もなくなり時間も短縮していくということが自信にもなっていくそうです。
仕事に自信を持って臨めるというのは、それだけでやる気に繋がります。
また患者さんや患者さんの家族との付き合い方もだんだん判ってくると言います。
初めの頃は、患者さんや患者さんの家族との付き合いが辛いということも多いと言います。
それは看護師という仕事が、あまりにも濃く人生に関わるということもあるかと思います。
モンスターのような患者さんやその家族というのに対応するのも大変です。
それよりも大変なのが、患者さんや患者さんの家族に入り込みすぎることだといいます。
あまりにも大変そうな患者さんのご家族に親身になりすぎたり、患者さんの家族のやり方に怒りを感じてそれをぶつけてしまったり。
患者さんとその家族との距離のとり方で失敗するのは、どんな看護師さんも同じだそうです。